のんき日記  happy-go-lucky

ジャックラッセルテリアの女の子と暮らす、のんきな毎日

知床  最終日

知床、最後の日。




女満別空港に向かう途中、オシンコシンの滝に寄りました。

2017061501.jpg

マイナスイオンを浴びて元気が出てきました。


それから小清水原生花園に寄りました。

2017061502.jpg


この駅は、花の季節だけ開かれるそうです。


2017061503.jpg

なんだか可愛い駅舎です。


真っ直ぐに伸びた線路。

2017061504.jpg


花の季節…、

2017061505.jpg


では、なかったようです…。


何も咲いていませんでした。


それからレンタカーでまた走って、網走刑務所を見に行きました。

2017061506.jpg

今では博物館になっています。

極寒の地の刑務所はさぞ厳しかっただろうなあと思いました。


特に何か問題を起こした囚人が入れられるという

窓もない真っ暗な狭い建物は…。



そして女満別から飛行機に乗って帰って来ました。



ノンキは近所のペットサロンに預けて行ったのですが、

そこのスタッフさんによると、しょげてる様子は全くなく、

ちょうど同じころ預けられていたキャバリアとお宅訪問し合ったり、

ベッドを交換して寝たり、

ご飯も毎回完食して、元気に過ごしていたそうです。



これで知床旅行はお終いです。

長々とお付き合いありがとうございましたm(__)m



知床五湖トレッキング

午前中、ヒグマ・クルーズを終えて、

お昼ご飯は、ウトロ港近くの「ウトロ漁港婦人部食堂」に行きました。




2017061443.jpg


北海道に来たなら、一度は食べなくちゃね。

ウニ・イクラ丼。

とっても美味しかったです。

ここは本当に地元の人のお店のようで、

12時過ぎると、港で働く(と思われる)男性がわらわら入って来て、

かつどん!とか、カツカレー!とか、ラーメン!とか注文してました。


午後からは知床五湖トレッキングです。

知床五湖はヒグマの生息地で、ガイドなしで入ることはできません。

まずは、心得のビデオを見ます。



大事なのはヒグマの棲家におじゃまさせて頂くという気持ち。

ヒグマに、会ってからではなくて、会わないようにすること。



ベテランガイドさんと10人くらいのグループで歩き始めました。

2017061430.jpg



コースは決められていて、たとえ、ぬかるんでいても、

道から一歩も、はみ出してはいけないそうです。


2017061442.jpg


徹底的に自然保護が守られています。





2017061431.jpg

たくさんの倒木が目につきましたが、片付けることはないそうです。

倒木に種が落ちて新しい芽が育っていくそうです。




2017061435.jpg

途中で熊の足跡が!

本当にいるんだ~!




2017061436.jpg

水芭蕉の群生。

水芭蕉はヒグマの好物だそうです。




2017061433.jpg

そして湖が一つずつ現れます。



2017061432.jpg


本当にきれいでした!




2017061439.jpg

この日は全員に双眼鏡の貸し出しがあって、遠くを泳ぐカルガモの親子が見えました。




2017061434.jpg


2017061437.jpg






最後は高架木道になって、木道の足には高圧電流が流れていて、

ここからはヒグマの心配はありません。

なんかジュラシックパークみたい…。

2017061441.jpg

オホーツク海も見渡せました。



2017061438.jpg


本当に美しい知床五湖でした。



知床半島を車で移動していると、

すごく普通に道端で、

2017061412.jpg

草を食べているシカを見かけました。

2017061413.jpg

野生のシカです。


知床のあちこちで(お店のトイレとか)、

「野生動物にエサをあげないで!それは野生動物を殺すことです」

と書かれた張り紙を見かけました。

人間にもらったエサの味を覚えたヒグマが町に出てきたら、射殺されます。

エサをねだりに車道に出てきたキタキツネは、車にひかれます。



実際、私たちが車で走っていると、キタキツネが走り出て来て、

徐行した車にくっついて走ってきました。

「何かちょうだい」と言ってました。

それはオヤツをねだるノンキにそっくりでした。

心を鬼にして何もあげずに走り去りましたが、

あの子がひかれないことを祈るばかりです。



自然豊かな知床半島は本当に素晴らしかったです。

また違う季節に行きたいなあ。





今朝、放送予定だったNHKの「おはよう日本」のシャチクルーズは

放送中に起きた長野の地震で中止になったようです。

地震の被害がでませんように。

知床 ヒグマ・クルーズ

シャチクルーズから下船した後は、

羅臼からウトロまで行って、一泊しました。


翌朝は、ウトロの港から、

今度はヒグマ・クルーズに参加しました。

前日のシャチ・クルーズは港から沖に向かって進んでいきましたが、

今回は、知床半島に沿ってクルーズします。

海から知床半島に住むヒグマをウォッチしようという趣向です。


出発!

2017061410.jpg


海鳥がいっぱいいました。

2017061402.jpg


陸路で近づくことが難しい景色も船から見ることができます。

2017061403.jpg


かっこいい鳥もいました。

2017061404.jpg


船長さんが、

「ヒグマいませんかね~、皆さんも探して下さいね~」

と言いながら、船は進みます。

2017061414.jpg


ヒグマいなくても、気持ちのいいクルーズと知床半島の絶景で、

まあ、いいかと思えるくらい気持ち良かったです。

と、

「いました!いました!」

との声が。


皆が指す方向へ目をこらすと、

う~~ん、黒い豆のような物が。

船の上から肉眼では、

う~~ん、確かに動いているから、石じゃなくて…クマ???



船長さんが、

「小熊もいますね~可愛いですね~~」

と言いますが、

ほんとに???


船上カメラマンが、

2017061401.jpg


望遠レンズで撮った画像が、

2017061407.jpg




これを、家に帰って拡大してみたところ、



20170614115.jpg



おお!



2017061408.jpg



ほんとだ!!



2017061406.jpg



可愛い!!



2017061409.jpg


ほのぼのとしたお母さん熊と小熊だったのでした。


確かに。





その後、もう1匹ヒグマを見かけました。

2017061411.jpg


オスでしょうか。

孤高のヒグマでした。




ヒグマは豆のようでしたが、

本当に最高に爽快なクルーズでした!


< ま だ つ づ く >


明日、6月25日(日)NHK朝7時からの「おはよう日本」で、

羅臼のシャチクルーズのことが放映されるそうです。

良かったらご覧下さい!


知床 シャチ・クルーズ

6月13日から15日まで知床に行って来ました!

羽田から女満別に降りて、レンタカーを借りて、

一路、羅臼に向かいました。

2017061303.jpg


オホーツクの海です。

2017061322.jpg


目的はネイチャークルーズに参加することです。

こんな船に乗ります。

2017061307.jpg


さだまさし似の船長さんは時々テレビにも出る有名人らしい…。

この季節は、イルカ、シャチ、クジラに遭遇する確率が高いそうです。

高まる期待!

(でも、船長さんに、相手は自然ですから、全く会えないこともある、とクギを刺されました)

2017061308.jpg

羅臼を出て、まっすぐ沖に向かいました。

写真は全部、パパが望遠レンズを付けた一眼レフで撮ってくれました。


渡り鳥の群れに会いました。

2017061304.jpg

助走をつけないと、なかなか飛べない鳥だそうです。

2017061302.jpg

群れに船で突っ込む船長さん。

がんばれ!

2017061305.jpg

(まだ飛べない…)



お!

あれは!!



2017061312.jpg



後に見えるのは、国後島です。

こんなにも近いのか、と驚きました。

2017061311.jpg


NHKが取材に来てました。

もう何か月も取材しているそうです。

そのうち特集番組が放送されるそうです。


2017061310.jpg


シャチと鳥の間を飛ぶ白い物体は、NHKの撮影用のドローンだそうです。


2017061313.jpg


期待に応えて、シャチが姿を見せてくれました!


2017061314.jpg


こんなに船の近くにも来てくれました!


2017061309.jpg

(この写真はネイチャークルーズのブログからお借りしました。

 左から4番目と5番目がパパと私です)

2017061320.jpg

シャチの顔に光が当たってきれいです。

2017061319.jpg

水中からぶくぶくと息が。


2017061316.jpg

吹き上げる水蒸気に虹がかかってました。

2017061317.jpg

子供のシャチもいました。

2017061318.jpg

水中から顔を出して遊んでいました。

2017061315.jpg


やっぱり動きが子供らしかったです。

2017061321.jpg


この日は、幸運なことに晴天に恵まれて、

船長さんが

「シャチ出過ぎ!」

と言うほどたくさん出てきてくれました。


国後島も端から端まできれいに見えました。

本当にラッキーでした!


この日のことがブログ、知床ネイチャークルーズニュースに出てるので、良かったら覗いてみて下さい。

大きな池の公園でホタル

この間の土曜日、ライナスと大きな池の公園にホタルを見に行ってきました。


ホタルの見頃は6月中旬だそうです。




20年以上前に小学生だったライナスのママと見に来たことがあります。





その頃と何も変わってないようでした。


ホタルが飛び始めるのは8時頃、少し早く着いたので、夜の公園を探険することにしました。




ここは水田で、ホタルの水路はもう少し奥です。


懐中電灯が気に入ったライナスでした。

気分はクマ退治探険隊。


隊長はライナスくん。

隊員は、ライナスママとババ。


(なんとなく、座敷わらし風でもある…)




う~ん、クマの巣はあっちかな…。




年輪の地図で確認中。


ひとしきり探険して、ホタルの水路に戻ると、ぞくぞくと人が集まってきてました。

暗闇に光るホタルは、一番明るい星より、もっと明るく光ってました。

思ったよりたくさん、飛んでました。


帰りは田んぼでウシガエルが低音で鳴いてました。



本当に自然豊かな公園でした。








プロフィール

のんママ

Author:のんママ
ジャックラッセルテリアの子犬と
暮らし始めました。
H21.6.27生まれの女の子、
名前は「のんき」です。
のんき(に暮らしたい)日記です。

ライナスはマゴです。
ばりばり日本人で、ライナスは仮名です(笑)
タオル片手に指しゃぶりする姿からライナス。
ライナスのママは、のん姉と同一人物。

フリーエリア
nonki627をフォローしましょう
最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター